【悪魔の詩訳者殺人事件】日本で起こった未解決事件・不気味な事件

mikaiketsu

スポンサーリンク

未解決」として未だに犯人が捕まっていない事件や、手がかりなどが「不気味」で「難解」な事件をご紹介します。

内容が不気味すぎるので「閲覧注意」でお願いします。

悪魔の詩訳者殺人事件

概要

1991年7月12日茨城県つくば市にある筑波大学筑波キャンパスのエレベーターホールで筑波大学教授の五十嵐一が刺殺されているのが発見された。

司法解剖の結果、前日に殺害されたと断定され、殺害現場からは五十嵐の血液型とは異なるO型の血痕と中国製のカンフーシューズ(27.5cm)の足跡が発見された。

五十嵐は1990年に作家サルマン・ラシュディの小説「悪魔の詩」の邦訳をしている。

1989年2月にイラン最高指導者のルーホッラー・ホメイニーが「悪魔の詩」は反イスラーム的としてサルマン・ラシュディや小説の発行に関わった者に対して死刑宣告のフォトワー(イスラム法学に基づく布告)を発令していた。

不可解な点

捜査中に学内の五十嵐の机の引き出しから事件数週間前にかかれたと思われるメモが見つかる。

壇ノ浦の戦いに関する四行詩が日本語とフランス語で書かれていた。日本語の「壇ノ浦で殺される」のフランス語訳では「階段の裏で殺される」と書かれていた。

その後

外国人犯人説が有力とされていたが2006年7月11日に公訴時効が成立している。

日本で起こった未解決事件・不気味な事件の記事まとめ

2017.02.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です