【嵐真由美さん行方不明事件】日本で起こった未解決事件・不気味な事件

mikaiketsu

スポンサーリンク

未解決」として未だに犯人が捕まっていない事件や、手がかりなどが「不気味」で「難解」な事件をご紹介します。

閲覧注意」でお願いします。

嵐真由美さん行方不明事件

事件概要

1994年9月2日午後7時ごろ

嵐真由美さん(当時27歳)が墨田区にある実家から外出し、当時1歳半の娘を残して行方不明となった。当時真由美さんは出産のために実家に戻っていた。

不可解な行動

・事件当日、「同級生に合う」と姉に伝え出掛けたが同級生と会っていなかった。

・真由美さんが行方不明になった日の夜、知人を名乗るAという男性から複数回電話がかかってくる。

謎のメモ

・行方不明になった翌日、姉の洋子が洋服ダンスから真由美さんが書いたと思われるメモが見つける。

・メモ内容
家族のみんなへ
私は旦那と違うAさんと付き合って裏切られました。
旦那を裏切った罰かもしれません。
みんなごめんなさい
真由美

Aの不可解な行動

・姉の洋子はAとは共通の知人で呼び出し話を聞いたところ、「行方不明になった日の昼間真由美さんと会っていた。」「真由美さんが死んでいたら、罰として刑務所に入るのを望みます」と言いそれ以上の話はしなかった。

洋子は探偵を雇いAの調査を開始した。探偵が尾行しているとAがジュースを2本持ち山林に入っていくのを目撃し、洋子は探偵の報告書を持ち警察へ行くが、真由美さんの失踪に直接関係する証拠は出てこなかった。Aは任意で事情聴取を受けている。

父親の背後に謎のメモ

ニュース番組で取り上げられ放送された際、姉洋子のインタビューの後、父親へのインタビューへ切り替わると父親はAとの関係については知らなかったという。失踪直前の真由美さんはどこか落ち着きがなかったと話している父親の後ろの本棚には「洋子のはなしは信じるな」と書かれた謎のメモが貼られていた。

その後

現在も真由美さんの失踪の手がかりはなく、事件は未解決。

日本で起こった未解決事件・不気味な事件の記事まとめ

2017.02.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です