【地底湖行方不明事件】日本で起こった未解決事件・不気味な事件

mikaiketsu

スポンサーリンク

未解決」として未だに犯人が捕まっていない事件や、手がかりなどが「不気味」で「難解」な事件をご紹介します。

閲覧注意」でお願いします。

地底湖行方不明事件

事件概要

平成20年1月5日午後6時15分ごろ

岡山県新見市豊永赤馬の洞穴で遊泳していた男子学生(当時21歳)が行方不明になったと110番通報があった。

行方不明になった場所は日咩坂(ひめさか)鐘乳穴(奥行約1600m)の最奥部にある地底湖(横幅20m深さ約32m)

警察や消防の調べでは大学の洞窟探検サークルに所属している学生で当日は他大学や社会人含め13名で訪れていた。

行方の分からなくなった学生は午前11時半ごろから5人で洞穴へ入り午後2時半ごろに遊泳している最中に行方不明になった。

捜索にあたった警察や消防は片道3時間かかる場所で洞窟内の幅も人1人が通れる狭さになっている場所もあった。

地底湖は白濁しており視界は悪く捜索は難航を極めた。捜索中の2次災害を懸念され捜索を終了。

不可解な点

・この洞穴には新見市教育委員会への入洞届が必要であったが届け出は提出されていなかった。

・1月に地底湖で泳いだ

・5人で入り、泳いだのは行方不明になった学生1人

・溺れた・助けを求める声などの目撃がない

・行方が分からなくなった現場から全員戻った。

・遭難事故を起こしたサークルの部員への取材が行われていない。

・サークルのウェブサイトから部長と副部長の名前が削除される。

・行方不明後に学生のSNSサイトから日記が削除される

その後

現在も行方不明になった学生は発見されておらず事件解明は未解決。

日本で起こった未解決事件・不気味な事件の記事まとめ

2017.02.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です