【田畑作之介ちゃん轢き逃げ連れ去り事件】日本で起こった未解決事件・不気味な事件

mikaiketsu

スポンサーリンク

未解決」として未だに犯人が捕まっていない事件や、手がかりなどが「不気味」で「難解」な事件をご紹介します。

閲覧注意」でお願いします。

田畑作之介ちゃん轢き逃げ連れ去り事件

事件概要

1978年3月3日午後4時30分頃

大阪府住之江区で近くに住む田畑作之介ちゃん(3歳)が5歳の男児と遊んでいたところ自動車にはねられた。

はねられた作之介ちゃんは重体であった。

作之介ちゃんをはねた本人が、

自分の車でこの子を病院へ連れて行く

と言い、作之介ちゃんを車へのせ走り去った。

しかし、翌日の4日になっても作之介ちゃんが病院で手当てを受けた形跡や病院へ運び込まれたという情報はなかった。

警察は誘拐事件として、同府の住吉署に合同捜査本部を設置。目撃者の証言から、はねた上に誘拐した犯人は「中年の男」と断定し、モンタージュを作成し操作を始めた。

防犯カメラやNシステムなどが未整備の時代であり、犯人の特定は困難を極めた。

その後

1982年3月3日午前零時に

業務上過失致傷・略奪誘拐罪

などの5年の時効が成立。

車ではねられていた時はまだ生きていたと考えられることから殺人罪には問われていない。

日本で起こった未解決事件・不気味な事件の記事まとめ

2017.02.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です