【心霊スポット】茨城県・佐白山

スポンサーリンク

実際に心霊スポットへ行ったユーザー様からの情報を元に記事としてご紹介しています。

心霊スポット

茨城県笠間市、佐白山

私は、今から8年程前の夏、地元茨城県ではとても有名な心霊スポット、笠間市の佐白山に友人たちと肝試しに行ってしまいました。

男3人女2人で車一台に乗り込み、5人で向かいました。

時間は夜の11時くらいだったと思います。

運転席に男友達、後部座席に男友達1人と女友達が2人、私は助手席に座りました。佐白山に向かう車内はとても賑やかで、軽い旅行に行くようなノリで盛り上がっていました。

佐白山には色々と有名な噂があり、着いたら色々試してみようよなんて話をしながら無事に佐白山に着いたのですが、入口が簡単な柵のようなものでふさがれていて通れませんでした。

すると後部座席の男友達が「動きそうだな、ちょっと待ってて」と言って車から降り、その柵を持ち上げ移動させました。

おそるおそる中に入ったら想像以上に薄気味悪く、早速引き返したくなりましたが、女の子もいる手前、戻ろうよとは言い出せませんでした。

佐白山入口を入っていくと井戸がいくつかあるのですが、噂ではそのどれかの井戸に母と子の霊がいるという噂があり、目を凝らして真っ暗な外を見ていたのですが井戸は発見しましたが霊は見ることができず先に進みました。

すると運転している友達が小便したいと言い出し、外に降りて立小便をしました。コイツすごいなと心の中で思いながら、そんなこんなで一番霊が出ると噂のトンネルに到着しました。

トンネルの1つ目の噂は、トンネル内に鍵のような、落書きがあるところで車を止めてエンジンを切りクラクションを3回鳴らすと前から青白い光が近づいてくるといったものでした。

それを試そうとゆっくり車を走らせ、みんなで落書きを探しました。

すると後部座席の男友達が青色でアルファベットのyのような鍵と言えば鍵のような落書きを見つけました。

とりあえずそこでクルマを止めエンジンを切ってクラクションを3回鳴らして全員で前方に目を向けました。

するとトンネルのずっと先の方に青白い光がポツポツ見え始め、みんな「えーー!怖い怖い怖い」と一瞬なったのですが、よく見ると暗い所に目が慣れてトンネルの出口の先にある木の隙間から見える月明かりが青白く見えていただけでした。

「なんだよー!」とかいいながら内心みんなホッとしていたと思います。

そして噂には続きがあり、そのクラクションを鳴らしたあとは絶対に後ろを見てはいけないとらいうものでした。

1人では絶対に見ませんがみんなと一緒だったので、見たくなってきて、「ミラーでなら大丈夫でしょ。」と言いながら私はルームミラーに目を向けたのですが、なぜかルームミラーがお風呂場の鏡のように曇っているんです。

フロントガラスも横の窓もどこも曇ってないのにルームミラーだけなぜか曇ってて、全員一気に怖くなって、「ヤバイヤバイヤバイもう行こう行こう」と言ってエンジンをかけようとしたらヒュンヒュンいってかからないのです。

更に追い討ちをかけるように後部座席に男友達が「ちょっと車バックしてない?」と言い出して、ほら!と外の落書きを指差していたのですが、落書きが動いているんです。

落書きが動くわけがありません。

そう、落書きが動いているのではなくて、車がバックしていたんです。「パーキング入れろ!」と私は運転してる友達に言ったのですがシフトレバーを見たらしっかりパーキングに入っていました。

ブレーキを踏んでも車は止まらず「早くエンジンかけろ!」と叫び、ようやく4回目ぐらいでエンジンがかかり、猛スピードでトンネルを抜け佐白山を出ました。

帰り道は女のコは泣き出すし、みんなテンションガタ落ちで、もう心霊スポットに行くのはやめようと全員で話をしながら帰りました。

帰り道20分くらいずーっとへんなエンジン音がしていてしばらくすると普通のエンジン音に戻りました。

肝試しはしてはいけないのだと知らされた、とても恐ろしい夜でした。

関連動画

佐白山MAP

さいごに

ユーザー様からの記事をご紹介しております。

心霊スポットへの立ち入りは自己責任でお願いします。

私有地・立ち入りを禁止している場合もあります。立ち入りの際は許可を取る必要が有ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です