【石井舞ちゃん行方不明事件】日本で起こった未解決事件・不気味な事件

mikaiketsu

スポンサーリンク

未解決」として未だに犯人が捕まっていない事件や、手がかりなどが「不気味」で「難解」な事件をご紹介します。

内容が不気味すぎるので「閲覧注意」でお願いします。

石井舞ちゃん行方不明事件

事件概要

1991年7月25日、福島県船引町の石井舞ちゃん(当時7歳)が深夜、自宅から行方不明となった。テレビや新聞などのメディアにも大きく取り上げられた。

失踪年齢7歳

失踪日時:平成3年7月24日夜~7月25日午前5時20分

事件の時系列

事件当日昼:姪は実家の郡山市に出掛けており、その晩家にはいなかった。

事件当日夕方:1階洋間のKの部屋で舞ちゃんと母親の友人の子供2人はテレビゲームをして遊んでいた。

21:00頃
舞ちゃん祖父母が、一階洋間のKの部屋の電気が消えるのを祖父母が見る。2階の部屋で父親・長男・次男が就寝。

21:20頃
祖父母は1階玄関を施錠し、カラオケスナックへ。

21:30頃
舞ちゃんと母親の友人の子供2人は川の時で就寝。部屋は両親や兄弟の寝る部屋の隣。

22:30頃
母親が舞ちゃんのいる部屋をのぞき、タオルケットをかけ直した。その後、2階洗面所にいた母親は、1階で玄関扉が閉まる音に気付き、2階窓から外を見たところKが南の方へ歩いて行った。その後、母親は1階で入浴。しばらくして、階段を上がる足音がしたが、2階の部屋へ行き就寝。

7月25日
2:00頃
祖父母がカラオケスナックから帰宅。1階玄関のドアが開いていたので施錠した。Kが居ない事に気付いた祖父母は父親の部屋へ行き、そのことを伝えるが「明日聞くから」といって寝てしまう。

5:20頃
舞ちゃんと寝ていた子供が目を覚ますと舞ちゃんの姿はなかった。家族はパニックに。

6:30
Kが帰宅する。※友人と会うために郡山へ行き、友人と会うことなく始発で帰ってきたという。

不可解な点

・自宅にいた人達(舞ちゃんの両親・祖父母・長男・次男・舞ちゃん・父親の姪の彼氏で父親の会社の従業員K・母親の友人の子供2名)

・家族(親兄弟)を含めた人間が10人いる自宅から7歳(当時)の少女が消えた。

・Kの不審な外出

・舞ちゃんが寝ていたのは両親や兄弟の眠る隣の部屋

・舞ちゃんと寝ていた友達の女の子2人と寝て、舞ちゃんだけ消えた。

・現場検証で家に住むもの以外の指紋やDNAは発見されなかった。

・警察犬は玄関先で立ち止まってしまう。※誰かに抱えられたか、車で連れ去ったことを意味する。

その後

内部犯行(身内)が疑われ、特にKが疑われたが犯行を裏付ける証拠がなかった為、釈放。

2006年7月24日に公訴時効成立。

事件から10年以上経った今も発見につながる有力情報はない。

日本で起こった未解決事件・不気味な事件の記事まとめ

2017.02.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です