【ジャスコ誤認逮捕死亡事件】日本で起こった未解決事件・不気味な事件

mikaiketsu

スポンサーリンク

未解決」として未だに犯人が捕まっていない事件や、手がかりなどが「不気味」で「難解」な事件をご紹介します。

内容が不気味すぎるので「閲覧注意」でお願いします。

ジャスコ誤認逮捕死亡事件

事件概要

事件発生日:2004年2月17日

三重県四日市市にあるジャスコ四日市店にあるATMコーナーで、1人の子供連れの若い女性が「泥棒」と叫んだ。

周囲近くにいた買い物客や店員が駆けつけ、女性ともみ合っている1人の男性を取り押さえた。

取り押さえられた男性は同店に買い物に来ていた68歳。

男性は駆けつけた警察によって拘束される。後ろ手に手錠をかけられ、うつ伏せで約20分のあいだ押さえつけられていた。

拘束されている最中に男性は意識を失い、おう吐していたが警察は拘束を続けた。

その後、病院に搬送されるも、搬送席の病院で死亡が確認された。

男性の眼鏡の片方は割れ、手には折れ曲がったキャッシュカードが握られていた。カードは男性の物だった。

死因は

極度のストレスによる高血圧性心不全と不整脈

と発表された。

後に事件の発端となった子供連れの若い女性と男性がもみ合いになったのは、男性の財布を取り合っていたということが分かる。

実はこの男性は被害者であった。

発端となった女性は、騒動の中忽然と姿を消した。三重県警は虚偽親告罪の被疑者として行方を追っているが発見には至らず2005年に現場監視カメラに写っている女の映像を公開した。

その後

警察は犯人を特定をすることができず、

2011年2月17日午前0時

に窃盗未遂事件としての公訴時効が成立した。

日本で起こった未解決事件・不気味な事件の記事まとめ

2017.02.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です