【未解決】新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件

mikaiketsu

スポンサーリンク

世界的にも安全な国と言われている日本ですが、日々、さまざまな事件は起きており、殺人事件の場合、事件として「立件」されれば犯人検挙率は9割を超えるとも言われています。

しかし、高い検挙率の日本でも「未解決」として未だに犯人が捕まっていなく、手がかりなどが「不気味」で「難解」な事件をご紹介します。

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件

事件概要:1981年3月~6月にかけて東京新宿歌舞伎町2丁目のラブホテルで女性が殺害された事件。

第一の事件

1981年3月20日10時頃、ホテルAで発覚。

男女(2人)でホテルAにチェックイン。その後、男性は先にホテルからでる。チェックアウトの時間が迫るも電話での応答がないことに不審に思った従業員が部屋へ行ったところ、中年女性の絞殺死体を発見。

警察の捜査で部屋内にあった名刺から、歌舞伎町でキャバレーに勤めているホステス33歳ということが判明。

ホステスのアパートを捜査したところ実年齢は45歳であった。ホテルへチェックインした男性がキャバレーの客かは判明せず。

第二の事件

1981年4月25日午後10時頃、ホテルBで発覚。

午後9時ごろ、男女(2人)でチェックイン。男性はホテル利用料を支払わずホテルを出る。不審に思ったホテル従業員が部屋へ入り20歳前後の女性のパンティストッキングで絞殺された死体を発見。

捜査で部屋内に身元が分かるようなものは残されていなかった。犯人が持ち去ったと思われる。

遺留品はイヤリング・サンダル・タバコ・ライター

新宿警察署で殺害された女性の似顔絵を作成・公開し、全国の警察機関へポスターを貼るも、身元は判明せず。

被害者の特徴
・肺がキレイであった
・腋に腋臭の手術痕
・虫歯が多かった

第三の事件

1981年6月14日午後7時40分頃、ホテルCで発覚。

午後6時30分ごろ、男女(2人)でチェックイン。その後、男性が先に帰る。不審に思ったホテル従業員が部屋を覗いたところ、全裸で首にパンティストッキングを巻きつけられた女性を発見。

発見時には女性は死亡しておらず、病院へ運ばれたが間もなく死亡。

警察の捜査で部屋に残されていた図書館から借りた本などから、埼玉県川口市に住む17歳の女子工員と判明。

遺体の解剖の結果、胃の中から200㏄のコーヒーが検出された。犯人と落ち合い喫茶店へ行った可能性があり、被害者は売春をしていたと考えられた。

第四の事件

6月25日午後11時ごろ、30歳(当時)のホステスがホテルDに一緒にチェックインした男性に首を絞められた。女性が抵抗したため、男は女性から現金を奪い逃げ去った。

女性はゲームセンターにいるところを男に誘われて、一緒にホテルへ行き被害にあった。

一連の連続殺人事件の中で殺人未遂となった。

殺人未遂事件の後、事件は起こらなくなった。

事件の共通部分

連続殺人と報道されるが、犯人が同一人物であったかは不明。

・被害者3人から覚せい剤が検出されている。

・第二と第三の事件は、パンティストッキングで絞殺されている。

・容疑者の特徴が類似している。
第一の事件「若い男性」
第二の事件「サラリーマン風の男性」
第三の事件「身長160cm台の30代サラリーマン風の男性」
第四の事件「身長160cm台の30代サラリーマン風の男性」

その後

1996年3月から6月にかけて、各事件の公訴時効が成立。未解決事件となった。

プライバシーの配慮から監視カメラを「設置していなかった」が各地で類似した事件が起こるようになり監視カメラを設置するようになった。

日本で起こった未解決事件・不気味な事件の記事まとめ

2017.02.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です