【新宿歌舞伎町ディスコナンパ殺人事件】日本で起こった未解決事件・不気味な事件

mikaiketsu

スポンサーリンク

未解決」として未だに犯人が捕まっていない事件や、手がかりなどが「不気味」で「難解」な事件をご紹介します。

閲覧注意」でお願いします。

新宿歌舞伎町ディスコナンパ殺人事件

事件概要

1982年6月6日に千葉県で女子中学生が殺害された強盗殺人事件

事件の被害者となったのは女子中学生のAとB(事件当時14歳)は同級生であった。

Aは1981年12月に家庭の事情で茨城県から東京都港区に引っ越していた。

1982年の5月にAがBの自宅に遊びに来ていたが、5月30日にAとBは一緒に外出し、そのまま行方不明となった。

6月4日にAの母親が警察へ捜索願を提出。

行方不明となっていたAとBは1982年の6月5日夜から東京都新宿歌舞伎町のディスコや喫茶店などで遊んでいる途中、ゲームセンターで若い男に声を掛けられファーストフード店に立ち寄った。

その後、男は「一緒にドライブへ行こう」と二人を誘い午前4時30分頃、男が運転する乗用車で千葉方面へ向かった。

車は千葉県千葉市横手町へ到着。運転中Bは車内で寝ていたが、物音がして起きたBは男に誘われ散歩へ出かけた。

Bは男に背後から殴られ、悲鳴を上げるが首を絞められて気を失う。

Bが目を覚ますと男は消えていた。その後、Bは笹薮の中にAの死体を発見。

6月6日午前11時50分頃、近くを通りかかった通行人が警察へ通報。

Bは病院へ搬送されたが、軽傷であった。

犯行の捜査

Aの司法解剖が行われた。

Aの死因は首を切られたことによる失血死。首を切られた後にアキレス腱を切断されていた。

凶器となった刃物は果物ナイフ(10.2cm)で現場の笹薮の中でAの血液がついた状態で発見された。また、現場近くにはビニル製のホースも見つかった。このホースは首を絞めた時に使用したものと思われる。

犯行現場となった場所は人気のない場所であったことから土地勘がある者と思われた。

捜査で、Aのバッグから現金2万円がなくなっていた事が分かりAの死体発見現場近くには人が倒れたような跡も見つかっていることから、犯人が強盗目的で襲おうとして抵抗したために殺され、Bは事件の発覚を恐れて殺そうとしたのではないかと推測された。

Bの証言による犯人の特徴

・20歳~25・26歳

・身長約170センチメートル

・浅黒い丸顔

・目尻が上がった大きな目

・太い眉毛

・首まで伸びたパーマ

・白地に赤い線が入ったシャツに紺色のズボン

・ライトが角型の赤か小豆色の4ドアの乗用車

その後

犯人の似顔絵を多数手配して、新宿区歌舞伎町のディスコやゲームセンターへ捜査員が派遣されるが、犯人特定できないまま公訴時効が成立。未解決事件となった。

出典:wiki新宿歌舞伎町ディスコナンパ殺傷事件

日本で起こった未解決事件・不気味な事件の記事まとめ

2017.02.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です