【加茂前ゆきちゃん失踪事件】日本で起こった未解決事件・不気味な事件

mikaiketsu

スポンサーリンク

世界的にも安全な国と言われている日本ですが、日々、さまざまな事件は起きており、殺人事件の場合、事件として「立件」されれば犯人検挙率は9割を超えるとも言われています。

しかし、高い検挙率の日本でも「未解決」として未だに犯人が捕まっていなく、手がかりなどが「不気味」で「難解」な事件がありますのでご紹介します。

内容が不気味すぎるので「閲覧注意」でお願いします。

加茂前ゆきちゃん失踪事件

事件概要:1991年3月15日三重県四日市市の住む加茂前ゆきちゃん(当時8歳)が事件の日の夕方、自宅から突然を消した。

事件から3年後に一家宛に怪文書が届く。

怪文書内容

1枚目

ミゆキサンにツイテ
ミユキ カアイソウ カアイソウ
おっカアモカアイソウ お父もカアイソウ
コンナコとヲシタノハ トミダノ股割レトオモイマス
股ワレハ 富田デ生レテ 学こうヲデテ
シュンガノオモテノハンタイノ、パーラポウ
ニツトめた
イつノ日か世帯ヲ持チ、ナンネンカシテ
裏口ニ立ツヨウニナッタ
イま ハー ケータショーノチカクデ
四ツアシヲアヤツツテイル
~~~~
ツギニ
スヾカケのケヲ蹴落シテ、荷の向側のトコロ
アヤメ一ッパイノ部ヤデ コーヒーヲ飲ミナ
ガラ、ユキチヲニギラセタ、ニギッタノハ
アサヤントオもう。
ヒル間カラ テルホニハイッテ 股を大きく
ワッテ 家ノ裏口ヲ忘レテ シガミツイ

2枚目

タ。モウ股割レハ人ヲコえて、一匹のメス
にナッテイタ。
感激ノアマリアサヤンノイフトオリニ動い
タ。ソレガ大きな事件トハシラズニ、又カム
チャッカノハクセツノ冷タサモシラズニ、ケッカハ
ミユキヲハッカンジゴクニオトシタノデアル モウ春、三回迎エタコトニナル
サカイノ クスリヤの居たトコロデハナイカ
トオモウ。
ダッタン海キョウヲ、テフがコエタ、コンナ
平和希求トハチガウ
ミユキノハゝガカ弱イハネヲバタバタ
ヒラヒラ サシテ ワガ子ヲサガシテ、広い
ダッタンノ海ヲワタッテイルノデアル
股割れは平気なそぶり
時ニハ駅のタテカンバンニ眼ヲナガス
コトモアル、一片の良心ガアル、罪悪ヲ
カンズルニヂカイナイ
ソレヲ忘レタイタメニ股を割ってクレル
オスヲ探しツヅケルマイニチ

3枚目

股ワレワ ダレカ、ソレハ富田デ生レタ
コトハマチガイナイ
確証ヲ掴ムマデ捜査機官に言フナ
キナガニ、トオマワシニカンサツスルコト
事件ガ大キイノデ、決シテ
イソグテバナイトオモウ。
ヤツザキニモシテヤリタイ
股割レ。ダ。ミユキガカアイソウ
我ガ股ヲ割ルトキハ命ガケ
コレガ人ダ コノトキガ女ノ一番
トホトイトキダ

手紙

怪文書が届いてから、しばらくして福岡県に住むダウジングが出来る「緒方達夫」と言う人物から、ゆきちゃんは亡くなっていて、ゆきちゃんの霊の協力の元、捜査をするという内容であった。

数日後、緒方達夫を名乗る人物から「ゆきちゃんの霊の邪魔する別の霊が現れたため協力することができなくなった」と手紙が届いた。

その後

ゆきちゃん発見に関する有力な情報は届けられていない。

日本で起こった未解決事件・不気味な事件の記事まとめ

2017.02.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です