【未解決】東村山署旭が丘派出所警察官殺害事件

mikaiketsu

スポンサーリンク

世界的にも安全な国と言われている日本ですが、日々、さまざまな事件は起きており、殺人事件の場合、事件として「立件」されれば犯人検挙率は9割を超えるとも言われています。

しかし、高い検挙率の日本でも「未解決」として未だに犯人が捕まっていなく、手がかりなどが「不気味」で「難解」な事件をご紹介します。

清瀬市警察官殺害事件

事件概要:1992年2月14日午前3時ごろ、東京都清瀬市旭が丘2丁目にある旭が丘派出所で、巡査長(当時42歳)が血を流して倒れているのを新聞配達員が発見。

巡査長は首や胸を刺されており、搬送先の病院で午前4時頃に死亡。司法解剖の結果、死因は左の首を刺されたことによる頸動脈損傷。

巡査長が所持していた拳銃(S&Wチーフス38口径 回転式・実包5発入り)が奪われていた。

kenzyu
出典:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/jiken_jiko/ichiran/ichiran_10/murayama.html

通常時は2人1組で待機しているが、事件が起こった当日は他の警察官が通報を受けて、派出所を出たため巡査長は一人であった。

捜査

警視庁は強盗殺人として、捜査本部を設置。

捜査で、派出所の巡査長の机の上に「警察参考簿」が出ており道案内の地図が書かれていたことから、犯人は道を尋ねるふりをして巡査長に接近し犯行に及んだと見られた。

拳銃をつるすひもが切られていることから、鋭利な刃物を使用したとみられる。

事件当日に服に血が付いた男2人組の目撃証言があったが、単独犯か複数犯か判明できず、犯人の遺留物や拳銃は見つからず捜査は難航。

2006年2月14日に東村山署防犯協会が犯人検挙に関するもっとも有力な情報に対して懸賞金300万を懸けた。この時公訴時効まで1年であった。

その後

2007年2月14日午前0時に公訴時効を迎え、未解決事件となった。

殺人事件としての捜査や懸賞金の支払いは行っていないが、奪われた拳銃の捜査は継続されている。

奪われた拳銃についての情報は以下の問い合わせ先まで。

東村山警察署 刑事組織犯罪対策課 強行犯捜査係
〒189-0014 東京都東村山市本町1丁目1番地3
電話:042-393-0110(代表)
FAX:042-395-3600

日本で起こった未解決事件・不気味な事件の記事まとめ

2017.02.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です