【長岡京殺人事件】日本で起こった未解決事件・不気味な事件

mikaiketsu

スポンサーリンク

世界的にも安全な国と言われている日本ですが、日々、さまざまな事件は起きており、殺人事件の場合、事件として「立件」されれば犯人検挙率は9割を超えるとも言われています。

高い検挙率の日本でも「未解決」として未だに犯人が捕まっていなく、手がかりなどが「不気味」で「難解」な事件がありますのでご紹介します。

内容が不気味すぎるので「閲覧注意」でお願いします。

長岡京殺人事件

事件概要:1979年5月23日

京都府長岡京市内のスーパーでパートをしていた主婦2人が、仕事の後にワラビ採りに行ったまま消息不明となり、2日後に山頂付近で発見される。

直接の死因は、主婦A(当時43歳)が絞殺。主婦B(当時32歳)が刺殺。遺体となって発見された。

被害者2人のリュックには、それぞれの弁当箱・ワラビ・財布は入ったままであった。

主婦Aの衣類ポケットからは

オワレている たすけて下さい この男の人悪い人

と鉛筆で書かれた勤務先のスーパーのレシートが発見された。

メモを書いた鉛筆は衣服のポケットにも入ってはいなかったが、殺害現場近くを捜索中芯の先端のみが見つかったが鉛筆自体は見つかっていない。

残忍な犯行

後の調べで分かったのは

主婦Aは全身30カ所以上殴打され、ろっ骨が折れ肝臓は破裂していた。体内からは犯人と思われる体液(O型)が検出されている。

主婦Bは全身を50カ所以上殴打され、包丁は突き立てられたままであった。

主婦A・Bともにアキレス腱を切断されていた。

容疑者

・長岡京市内に住む少年が駆け足で下山するのを目撃されているが、犯行当日は別の場所にいたことが判明した。

・主婦たちが山へ入った後25歳~30歳の男2人が目撃されているが身元判明できず。

・主婦Bに刺さっていた包丁からは指紋が検出できず販売ルート判明できなかった。

・事件の1週間替えに入山していた主婦に声をかけた中年男性がいて、警察は似顔絵を作成したが身元は判明できず。

そのご

犯人を特定できず、1994年5月24日に公訴時効成立。

日本で起こった未解決事件・不気味な事件の記事まとめ

2017.02.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です