【未解決】津山小3女児殺害事件

mikaiketsu

スポンサーリンク

世界的にも安全な国と言われている日本ですが、日々、さまざまな事件は起きており、殺人事件の場合、事件として「立件」されれば犯人検挙率は9割を超えるとも言われています。

しかし、高い検挙率の日本でも「未解決」として未だに犯人が捕まっていなく、手がかりなどが「不気味」で「難解」な事件をご紹介します。

津山小3女児殺害事件

事件概要:2004年9月3日、岡山県津山市に住む小学3年生(当時9歳)の女児が自宅で死んでいるのを、学校から帰宅した姉が発見し母親へ電話をかけ、母親が119番通報をする。救急隊が到着し病院へ搬送されるが死亡。

捜査

被害者女児に抵抗の跡がなく、腹部、胸部の三カ所をナイフのようなもので刺されていた。被害者の死因は解明されていない。

警察の捜査によると、自宅の窓や鍵などは壊されていなかった。

岡山県警と津山警察署がフリーダイヤルを設置。ポスターを張り出し情報提供を呼びかけているが有力な手掛かりが得られておらず捜査は難航。

現在も犯人の特定・逮捕には至っていない。

参照:Wiki

岡山県警察:津山市総社地内における女子児童被害の殺人事件

情報提供連絡先

津山警察署
電話番号 0868-25-0110

警察本部捜査第一課
電話番号 086-234-0110

日本で起こった未解決事件・不気味な事件の記事まとめ

2017.02.20

1 個のコメント

  • 宅配業者か訪問販売員が怪しいと思う。
    宅配業者が怪しまれないようにメール便を遺体の下に置いた。
    もしくはメール便を持った女児と鉢合わせした訪問販売員が殺したかのどっちかだと思う。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です