【佐賀・女性連続殺人事件】日本で起こった未解決事件・不気味な事件

mikaiketsu

スポンサーリンク

未解決」として未だに犯人が捕まっていない事件や、手がかりなどが「不気味」で「難解」な事件をご紹介します。

閲覧注意」でお願いします。

佐賀・女性連続殺人事件

事件概要

校舎で見つかった2人の遺体

1980年6月24日(土)、佐賀県杵島郡白石町の須古小学校北校舎の便槽の汲み取り作業をしていた衛生会社の作業員が便槽内で女性の腐乱死体を発見。捜査を続けたところ6月27日にプール専用トイレでも白骨化した遺体が見つかった。

最初に発見された女性の遺体は1980年4月12日に行方が分からなくなったHさん(20歳)であった。Hさんは自殺未遂を繰り返しており「二十歳の誕生日に自殺する」と言っていたことから家族はすぐ警察へ通報した。

4月12日の誕生日前日はHさんは家に1人でいた。

4月16日、父親宛に手紙が届く。内容は

娘ハ帰ラナイダロウ、オ前モ苦シメ

と書かれていた。

人捜しのテレビに出るな

という脅迫電話もあった。

Hさんが発見されたトイレは2年に一度汲み取り作業が行われていた。
プール専用トイレで発見された白骨化した遺体は北方町のTちゃん(当時12歳)であった。遺体はたくさんの丸い石で隠すように積まれていた。

Tちゃんは1975年8月27日(水)夜、スナックを経営する母親が仕事に出る前、友人と自宅で遊んでいたが友人は19:00ごろ帰宅。その後、Tちゃんは自宅から姿を消した。テレビはついており、普段履きの靴もそのままであった。

2人の被害者は抵抗した形跡もなく金品も奪われていない事から顔見知りの犯行と思われた。

重要参考人

捜査を進めるうちに、HさんとTちゃんに接点のある白石町の男(29歳)が浮かび上がる。

警察は男と友人などを別件の婦女暴行の容疑で逮捕し、事情聴取したが婦女暴行は認めたが、便槽で見つかった遺体についての関与は否認をした。男の家を家宅捜査した際、

Hさん宅へ送られた手紙と同じ便箋が見つかり、筆跡鑑定の結果も「一致」したが男は否認を続けた。結局この手紙が殺人事件と結びつく確証がなかったため、捜査は打ち切られた。

縫製工場勤務の女性殺害

1981年10月7日(水)、北方町にある縫製工場で勤務を終え、スーパーで買い物をした後、行方が分からなくなった。

スーパーの駐車場で「30代の男性と話しているところを見た」と同僚が目撃し、証言している。

2週間後、40km離れた中原町の空き地で遺体が発見された。死因は電気コードによる窒息死で、暴行の跡などはなかった。

下校途中小学生失踪

1982年2月17日(水)北茂安町で小学5年の女児A(11歳)が友人2人と下校し、友人と別れ1人で自宅へ向かう途中に行方不明となった。同日、家族は警察へ届け出た。

翌日、捜索がされ学校から約1km離れた場所のミカン畑でランドセルを背負ったままの遺体が発見された。遺体はうつ伏せで下半身は裸、首にはストッキングか巻きつけられていた。

死因はストッキングで首を絞められたことによる窒息死。

行方が分からなくなった17日に周辺に不審な男がいたと多くの情報があった。

白い車に乗った30代から40代男性で

・「乗っていかんですか」

・「ピンクレディーの写真を見せるからこっちへ来なさい」

・「家まで送るからのらんね」

などを主婦・児童4人に声をかけていた。

3人の遺体発見

1989年1月27日、佐賀県北方町の山林を通りかかった夫婦が花を摘もうと車をとめ、花を摘んでいた妻が崖の下に白い物を見つけ近くに行ったところ、白い服を着た女性の死体を発見した。

駆けつけた警察が付近を捜索したところ、最初に発見された白い服の女性の近くに上半身が腐乱した死体と白骨化した死体を発見した。

死体遺棄現場から周辺を捜索したところバッグ、メモ帳、商品券や免許証などの遺留品が見つかったが指紋は残っていなかった。

身元はまもなく判明した。

・白骨化した状態で発見されたのは1年半前に失踪していたFさん(女性)

Fさん失踪

1987年7月8日(水)、武雄市内に住むFさんは自宅近く仲居として働いていた料亭の同僚3人とスナックへと向かい、1時間ほどで店を出て同僚へもう一軒行こうと誘われるが電車の時間があると同僚と別れた。その後、行方不明になった。

・腐乱状態で見つかったのは1ヵ月前に失踪していたNさん(女性)

Nさん失踪

1988年12月7日(水)、主婦のNさんは主婦メンバーでミニバレーボールのチームに所属しており、この日はミニバレーの練習があると家族に伝え、外出した後、行方不明となった。

・白骨化していたのは1年前に失踪していたFさん(女性)

・死後まもない状態で発見されたのは2日前に失踪していたYさん

Yさん失踪

1989年1月25日(水)北方町に住むYさんは北方町にある縫製工場で働いていて19:15ごろ帰宅。Yさん宛に電話がかかってきたあと、「友達を山内町まで送ってくる」と言って出掛けた。そのまま行方不明。Yさんの車は武雄市のボウリング場の駐車場で鍵がかかった状態で発見。

事件の類似点

・行方不明の大半が水曜日に起こっている

・金品を取られた形跡がない

・女性が被害にあっている

容疑者

Yさんの事件の捜査で、北方町出身の男Mが覚せい剤取締違反の容疑で逮捕された。

その際の任意で事情聴取。Yさんのバッグは自分が捨てたと供述。Yさんの体に付着していた唾液の血液型が一致した。

その後

・Yさん殺害容疑でMを起訴
・Fさん殺害容疑で再逮捕・起訴
・Nさん殺害容疑で再逮捕・起訴

2002年10月22日
佐賀地方裁判所で初公判。M被告は無罪を主張

2004年9月16日
佐賀地裁はM被告の上申書の証拠請求を却下

2005年1月20
検察側はM被告に対して無期懲役を求刑

2005年2月17日
弁護側の最終弁論で「冤罪」を主張し、結審

2005年5月10日
佐賀地裁はM被告に対し、無罪を言い渡した。

裁判長は3事件とも被告が犯人であることを積極的に推認できる証拠や事実は存在せず、犯罪の証明がないと述べた。

2005年5月18日
検察側は佐賀地裁での判決を不服として控訴

2006年5月31日
福岡高裁で控訴審初公判

2007年3月19日
福岡高裁は1審の佐賀地裁判決を支持し、検察側の控訴を棄却

2007年4月2日
福岡高検は上告を断念を発表

M被告の無罪が確定した。

1975年から1989年まで佐賀県内で起こった殺人事件は公訴時効成立と無罪判決で全て未解決となった。

日本で起こった未解決事件・不気味な事件の記事まとめ

2017.02.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です