【未解決】篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件

mikaiketsu

スポンサーリンク

世界的にも安全な国と言われている日本ですが、日々、さまざまな事件は起きており、殺人事件の場合、事件として「立件」されれば犯人検挙率は9割を超えるとも言われています。

しかし、高い検挙率の日本でも「未解決」として未だに犯人が捕まっていなく、手がかりなどが「不気味」で「難解」な事件をご紹介します。

篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件

事件概要:1988年8月中旬、東京都江戸川区東篠崎にある東京都下水道局「篠崎ポンプ所」の敷地内で女性の上半身が発見される。

警察は殺人と遺棄で捜査を開始。

聞き込みやポスターなどを作成し情報提供を呼びかけるが、犯人の特定、被害者の身元も分からず未解決のまま。被害者の下半身も見つかっていない。

被害者の特徴

年齢:17歳から30歳位の女性
性別:女性
身長:160cm
身体的特徴:面長・両耳にピアスの穴・両手の爪にピンクのマニキュア。
血液型:A型

日本で起こった未解決事件・不気味な事件の記事まとめ

2017.02.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です