【未解決】豊橋事件

mikaiketsu

スポンサーリンク

世界的にも安全な国と言われている日本ですが、日々、さまざまな事件は起きており、殺人事件の場合、事件として「立件」されれば犯人検挙率は9割を超えるとも言われています。

しかし、高い検挙率の日本でも「未解決」として未だに犯人が捕まっていなく、手がかりなどが「不気味」で「難解」な事件をご紹介します。

豊橋事件

事件概要:1970年5月15日、豊橋市で起こった火災現場で、親子3名の他殺体が発見された。

母親は何者かに強姦された上で殺害され、子供2人は放火による焼死。

被疑者

3ヵ月後の1970年8月28日、被疑者として21歳(当時)の男性が逮捕された。その後、強姦致死・殺人・放火・窃盗で起訴された。

裁判

1970年11月に行われた初公判では容疑を認めたが、翌年の3月に行われた2回目の公判からは否認に転じた。

1973年12月に行われた公判で、捜査当時の刑事(公判時は定年退職していた)を弁護側の証人として招いた。元刑事は、「被告人が真犯人であるとの疑念は消えない」と証言した後、「捜査が物証に基づかないものであった」と証言した。

検察側は、被告人の「無罪を証明する証拠」を持っていたが、公判で隠匿し死刑を求刑。

被告側が「捜査本部の冤罪を作り上げた過程」を証明したため、1974年6月12日に無罪判決が宣告され、確定した。

隠匿された物証

無罪確定から5年後、犯人の物と思われるB型の精液のついたサルマタが現場から発見されてたことが発覚する。

捜査機関は被害者家族の「夫」の物と弁解。被害者の夫は非分泌型の血液型のため、被害者の夫の精液であれば血液型が判明するはずがなかった。

被疑者の血液型はA型であったため、無罪の証明となった。

その後

真犯人の特定・逮捕できず、1985年に公訴時効が成立。未解決事件となった。

日本で起こった未解決事件・不気味な事件の記事まとめ

2017.02.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です