【未解決】豊田市女子高生殺害事件

mikaiketsu

スポンサーリンク

世界的にも安全な国と言われている日本ですが、日々、さまざまな事件は起きており、殺人事件の場合、事件として「立件」されれば犯人検挙率は9割を超えるとも言われています。

しかし、高い検挙率の日本でも「未解決」として未だに犯人が捕まっていなく、手がかりなどが「不気味」で「難解」な事件をご紹介します。

豊田市女子高生殺害事件

事件概要:2008年5月2日に愛知県豊田市生駒町切戸地内で女子高校生が殺害された事件。

事件時系列

5月2日

18時30分ごろ
被害者はサッカー部のマネージャーとして部活動をしていた。

18時45分ごろ
被害者は校門付近で友人と別れ、自転車に乗り一人で帰宅。

19時30分ごろ
帰宅が遅いため、家族が携帯電話に何度も電話したが応答はなかった。

5月3日

0時ごろ
両親が警察へ捜索願を出した。
警察は携帯電話会社へ位置検索を依頼。携帯電話のある場所を絞り込む。

5時30分ごろ
位置情報を元に捜索していた家族の知人が、豊田市生駒町切戸地内の農道で遺体を発見、通報。発見された現場は自宅から1kmほど離れた場所であった。

発見現場の状況

・被害者は争った跡があった。

・下着が持ち去られていた。

・遺体の首には黒いビニールテープが巻かれていた。

・口に白いタオルが押し込まれていた。

・目と鼻を殴られた跡があった。

・通学用のカバンと財布が無くなっていた。

・通学用のカバンは現場から15km離れた岡崎市稲熊町地内の小呂川の土手で発見された。

・発見された通学用のカバンから青のジャージが無くなっていた。

死因

司法解剖の結果、窒息死と判明。乱暴された形跡はなく、犯人の体液も検出されていない。

犯行時刻は午後7時から午後8時とみられる。

捜査

警察は犯行現場とカバン発見現場の近くでビラを配り、情報提供を呼びかけ多くの情報が寄せられたが犯人の特定や逮捕には至っていない。

2008年12月より捜査特別報奨金対象事件となっている。

参照:wiki

事件に関する問い合わせ

愛知県豊田警察署
「豊田市生駒町地内における女子高校生強盗殺人事件」特別捜査本部
フリーダイヤル 0120-400-538
代表電話番号 (0565)35-0110

日本で起こった未解決事件・不気味な事件の記事まとめ

2017.02.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です