【三重女性記者失踪事件】辻出紀子さん失踪事件

mikaiketsu

スポンサーリンク

世界的にも安全な国と言われている日本ですが、日々、さまざまな事件は起きており、殺人事件の場合、事件として「立件」されれば犯人検挙率は9割を超えるとも言われています。

しかし、高い検挙率の日本でも「未解決」として未だに犯人が捕まっていなく、手がかりなどが「不気味」で「難解」な事件をご紹介します。

辻出紀子さん失踪事件

事件概要:1998年11月24日の午後11時ごろ三重県伊勢市にて発生した失踪事件。

失踪したのは伊勢市で地域雑誌の編集記者をしていた辻出紀子さん(当時24歳)

事件発生当日、勤務先の伊勢文化舎から退社後行方不明になった。辻出紀子さんの乗用車は翌日に伊勢市内の駐車場で発見された。

乗用車は施錠されており、中にはバッグや携帯電話は見つからなかった。

辻出紀子さん失踪の捜査

捜査当局が捜査を進めると、車内にタバコが残されており、辻出紀子さんは非喫煙者であった。

退社後、取材先の男性と会っていたことが判明し、捜査線に浮上。男性は失踪と関係はないとし主張するが、のちに別の監禁事件で逮捕される。

別の監禁事件では無罪判決となっており、男性は国を提訴するが後に訴えを取り下げている。その後、捜査線上が外れている。

現在も有力な情報がないまま事件は未解決のままとなっている。

tujidenoriko出典:https://www.police.pref.mie.jp/index.php

名前:辻出紀子(つじで のりこ)
生年月日:昭和49年11月3日
身体的特徴:身長161cm 体重46kg 黒色セミロング

日本で起こった未解決事件・不気味な事件の記事まとめ

2017.02.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です