【怖】「ディセント」あらすじ・ネタバレ・感想

スポンサーリンク

ユーザー様がオススメする映画・本をご紹介します。

ネタバレ注意でお願いします。

タイトル

ディセント 

キャスト

・シャウナ・マクドナルド
・ナタリー・メンドーサ
・アレックス・リード
・サスキア・マルダー

監督: ニール・マーシャル

あらすじ・内容

愛する夫と娘を交通事故で亡くし途方に暮れる主人公サラに、友達であるジュノが気分転換にと洞窟探検を提案します。

これを承諾したサラは女友達6人で地下洞窟に入りますが、地下の奥には肉食の地底人が生息していて次々とサラ達に襲い掛かります。

いくら助けを求めても、地上に声さえ届かない逃げ場のない地下で次々に死んでいく仲間たち、目が退化した地底人のグロテスクさ、そして女同士の愛憎劇も加わり、先が読めない展開となっていきます。

やがて、必死に逃げるサラが崖から転落し、その意識が戻ると目の前には太陽の明かりが見えたことから、明かりを頼りに無事地上に脱出しました。

これで助かったと思ったサラですが、実は、、、。

ネタバレ

ネタバレを読む

感想

ディセントは今まで見たホラー映画の中でも1,2を争う恐怖でした。

気配だけでなかなか姿を現さない地底人に、一体どんな生き物なのかと引きこまれていきますし、仲の良いはずだった友達の裏切りはもちろん、信用できなくなった友達の意外な助けなどの人間模様も予測不可能でハラハラドキドキの連続でした。

しかし、なんといっても地底人の凶暴さとグロテスクさ、そして、地底に長く住んでいるがゆえに目が退化しているものの、音には敏感な地底人が近づいた時には、自分たちの存在が気づかれないように息を潜めるシーンはまさに手に汗を握ります。

そして、ラストシーンではサラが何とか地上に脱出し助かって本当に良かったとホッとしたのも束の間で、最後には絶望的な結末が待っていてとてもショックでした。

この映画をみてからは、しばらく閉所恐怖症になったこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です