逃れられない死の運命「ファイナル・デッドコースター 」

スポンサーリンク

ユーザー様がオススメする映画・本をご紹介します。

ネタバレ注意でお願いします。

タイトル

ファイナル・デッドコースター 

キャスト

・メアリー・エリザベス・ウィンステッド
・ライアン・メリマン

監督: ジェームズ・ウォン

あらすじ・内容

卒業を控えた高校生たちが、卒業イベントとしてアミューズメントパークに集います。

主人公ウェンディは仲間とジェットコースターに乗る間際、突然の予知夢によってコースターに異常が発生し脱線。

コースターごと乗っていた人々が地面に叩きつけられ死を遂げることを知り、パニックになり係員に降ろされます。

その後発車したコースターはウェンディの予知夢のとおり事故を起こし、乗っていた同級生たちは非業の死をとげました。

ウェンディと共にコースターを降り、死を免れた同級生たちもこの事故のあとに次々と不慮の事故で亡くなっていきます。

アミューズメントパークで撮った写真の中に、死へ繋がるヒントがあると気づいたウェンディは、共にコースター事故を免れたケヴィンと一緒に死の運命から逃れるために奔走しますが…

ネタバレ

ネタバレを読む

感想

一度決まったら決して覆せない死の運命

楽しいはずのアミューズメントパークでの惨事はジェットコースターに恐怖心を抱かせるのに十分なほどの痛々しいスプラッターな死に様です。

安全バーが浮き上がり放り出されたり、車輪が外れて傾いた車両からはみ出した体が支柱に激突、そもそもジェットコースターは乗る前からそのハイスピードと高低差のある落下で怖いのに、それが事故を起こして…などと考えたくもない惨事です。

しかし本当の怖さはここからで、次々起こる悲惨な事故死の様子はどれをとっても過酷で残虐なものばかりでした。

なぜここまで酷いのだろうと思えるような事故があらゆる偶然が重なって起こるので、同様のシチュエーションに遭遇したときに思い出してしまいそうなくらい怖かったです。

ヒントを見出だして死なないよう試みても、場所を変え死に様を変えて、死という運命だけは変わらない。一度死神に取り憑かれたらどうにもならないのでしょう。

必ず死ぬ運命という死神のゲームに巻き込まれてしまった高校生たちは不運としか言いようがありません。なぜ彼らが選ばれてしまったのか、彼ら自身もなぜこんな目に、と思ったに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です