【心霊スポット】富士青木ヶ原樹海・鳴沢氷穴付近での出来事

スポンサーリンク

実際に心霊スポットへ行ったユーザー様からの情報を元に記事としてご紹介しています。

心霊スポット

夏の暑い時期に友達と夜のドライブをしようという企画が持ち上がり、私が車の運転をすることになりました。

夏だし涼しいところに行きたくてネットを検索していると富士の鳴沢氷穴が目に飛び込んできました。

迷わず目的地が決まったところで、夜中の午前十二時にJR高尾駅で待ち合わせをして一台の車で私を含め三人で出発です。

高速道路を通り、河口湖インターチェンジまではお互いの近況や仕事の話で盛り上がっていました。しかしながら、高速道路を降りて河口湖付近へ来るといつの間にか周囲に霧が立ち込めてきました。

車の運転が困難になる程で近くのコンビニへ寄って休憩しました。夏なのになぜか体感気温の寒さには気づいてはいて気になっていました。

無意識の中での何かしらの警告だったのかもしれません。

コンビニで買い物をして店員さんと話をしていると絶対に今日のような日の肝試しは避けるように言われました。

私たちはそのようなつもりは一切なかったのですが、確かに予想もしない濃い霧や体の寒さを目の当たりにし、私はせめて明け方になってから目的地に行こうと話しましたが、二人の友達は運転していなかったせいもありアルコールも入っていて聞き入れてくれませんでした。

仕方なく氷穴を目指しほぼ車も徐行運転でしたが、急に友達の一人が悲鳴を上げました。

そして同時にもう一人が気持ち悪いということで車を止めて外に出ると、正面に大きな木の枝があり何かぶら下がっているのに気づき、よく見ると首を吊るような紐がゆらりと見えたことに、私と友人も大慌てで車に戻りそのまま急いで立ち寄ったコンビニに戻りました。

そこでさらに驚いたことは、車の中で悲鳴を上げた友達はちょうど車を止めた位置で女性が首を吊ってぶら下がっていた映像が頭の中に見えたということです。

友達はお酒が入っていたので半信半疑ではありますが、あの現場でたまたま目撃した首を吊るようなロープと何か関係があったのかもしれないとそう私は思っている次第です。

思いもよらない夏の恐怖体験でした。

さいごに

ユーザー様からの記事をご紹介しております。
心霊スポットへの立ち入りは自己責任でお願いします。

私有地や立ち入りを禁止している場所もあります。立ち入りの際は許可を取る必要が有ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です