先輩と友達と行った呑吐ダム

スポンサーリンク

実際に行った心霊スポット・心霊体験をユーザー様からの情報を元に記事としてご紹介しています。

心霊スポット

兵庫県:吞吐ダム(どんとだむ)

これは私が体験した話です。私の家から隣の市にあるダムに行ったのは当時16才で友達と公園にいた時、偶然先輩達がきて。

「久しぶりー!暇やしダム行かん?」

と聞かれ今日があった私は「行こー」と友達は「やめとこーや!怖いし」

と言いましたが、私は行こと言い切り行くことになりました先輩の車に乗り4人で向かいました。私は行く途中どんな感じかわくわくしていました。
ダムは結構山道に面していてどんどん山に入っていきダムの入り口には不気味な地蔵見たいなのがありました。

車で坂を登っていきダムの上にある橋に到着しました行く道中に先輩が体験した話などを聞いていて本当に不気味で雰囲気の悪い場所でした。

橋に着いた時先輩の車が禁煙の為車から降りて少し休憩がてら4人でタバコを吸っていました。

ここでは今までに何人もの人が自殺などをしているところで、私以外のみんなは灰皿にタバコを捨てなんでこんなんしたんかわかりませんが、私だけダムに向かってタバコを捨てました。

そしてまた車に乗りダムの奥へ向かい私

「なんもないやん!しょーもないなー」

先輩1「ここでも本間にやばいねんで」

友達「もー怖いし帰ろーや」

先輩「もぅ飽きて来たし帰ろか」といい帰ることになり

車で山道を下っていきやっと山道を出ました。

その時でした私の携帯に電話が私「もしもし」と何度も呼びかけましたが相手からの返事は無く気持ち悪くなった私は電話を切りました。

そーするとすぐにまた非通知から着信があり私「絶対誰かかけとーやろ」と言いみんなの携帯見ましたが誰もかけてませんでした。

私は出ることにして先輩が貸してくれと言うので渡しました。

すると録音をはじめそれからも数件かかってきて全部録音しましたその日わ遅かったので帰って寝ました。

次の日、なんとなくその録音を聞きましたずっと水が流れているような音が聞こえ2件目に途中で「ころす」と何度も連呼していました。

夜になり友達と集まった時にみんなに聞かせてみんな聞こえていました。

それから3日後、私は仕事の帰り道バイクでいつものように帰っている時、車と交通事故にあい生死をさ迷うほどの重症に合いました。

病院も「生きていたとしても植物人間」と判断するほどでしたが奇跡的に回復し今は仕事にも復帰して働いています。

二度と行きません。

さいごに

ユーザー様からの記事をご紹介しております。
心霊スポットへの立ち入りは自己責任でお願いします。

私有地や立ち入りを禁止している場所もあります。立ち入りの際は許可を取る必要が有ります。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です