【岩手】慰霊の森で体験した事

スポンサーリンク

実際に心霊スポットへ行ったユーザー様からの情報を元に記事としてご紹介しています。

心霊スポット

岩手県:慰霊の森

住所:岩手県岩手郡雫石町西安庭47

地元友達7人とゴールデンウィークの連休真っ盛りの夜中に行きました

慰霊の森は1971年7月30日に全日空の飛行機と自衛隊の戦闘機が衝突し全日空機に乗っていた乗客162名全員が亡くなった場所です

事故当時は機体が分裂したため空から死体が降ってきて至る所に死体が転がったり木に引っかかったりしていたそうです

慰霊の森の階段の下に車をとめ一番上の慰霊碑があるところまで肝試しで行くことにしました

懐中電灯とカメラをもっていざ出発しようと思ったときに友達が階段におばあさんが座っていると言い出しました私には何も見えなかったのですが体中に鳥肌が立っていたことを覚えています

長い階段を上っていくのですが途中には廃墟のような公衆トイレやお地蔵様が不気味に並んでいます

周りも木々に囲まれていて一切明かりがない暗闇です

この木に人が引っかかっていたのかもしれないと考えると何かが見えてきそうな気がしていましたそんなことを考えながら歩いているとなぜか涙が止まらなくなっていました

泣きたかったわけではないのに鳥肌と涙が止まりません

怖くなって引き返そうと思ったのですが一度慰霊の森に入ったら最後まで登りきらないと不吉なことがある呪われると聞いていたので何とか早く慰霊碑のところに行こうと思っていました

この時から遊び半分でこの場所に来たことをとても後悔していました

そして友達も女の人の声がすると言っていたりだれも後ろにいないのに服を引っ張られた感触があったり不可解ことがたくさんありました

ついに慰霊碑の前に到着しこのようなことが二度とありませんようにとお祈りをするとびっくりすることに涙も鳥肌も奇妙な声もすべてがなくなりました

何事もなく無事に帰ってこれてその後も何も起こることなく生活していて半年ぐらいたったころに慰霊の森で使ったインスタントカメラを現像したところたくさんのオーブが写っていて再度寒気がしました

さいごに

ユーザー様からの記事をご紹介しております。
心霊スポットへの立ち入りは自己責任でお願いします。

私有地や立ち入りを禁止している場所もあります。立ち入りの際は許可を取る必要が有ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です