【心霊スポット】日光華厳の滝へ訪れた時の事

スポンサーリンク

実際に心霊スポットへ行ったユーザー様からの情報を元に記事としてご紹介しています。

心霊スポット

私が大学二年生時、サークル活動の一環で日光に訪れた際に、全員で華厳の滝を見学する機会がありました。

当時サークルの中では、合宿という名目で各自企画係り、会計係り等役割が決められており、私はカメラ係りを任されていました。

まだデジタルカメラが世の中に出回る以前の事で、写真を現像するとネガも一緒に頂ける時代でのことです。

当時私達が華厳の滝に到着した時には、天候もよく滝も水量があり良い写真が撮れると思っていました。

滝の前で全員の集合写真を何枚か私が撮ったのですが、間違いなく晴れの天気で撮影したはずなのですが合宿から帰り、カメラ屋さんに現像を依頼し数日後、参加者に手渡すために写真を何人かで確認していました。

そこで驚いたのは華厳の滝での写真だけ曇りの天候になっており、しかも周囲には白いモヤが立ち込めている画像でした。

被写体の人も見えない位になっていたりしていたので、私は写真屋が現像に失敗したのだと思いました。

しかしながら、残り数枚を確認した時、一枚に友人が白い着物を着た女性が写り込んでいるのを発見したのです。

その写真を見た時はまずカメラを構えて見ていたのも私自身であったので、周囲にもそのような人はいなかったと確信しています。

私達以外には旅行団体の見学者もいたのですが、私達の撮影には避けてくれていました。

この写真を見た女性陣が心霊写真だといってネガごとどこかに持っていき処分してしまったので現在証拠はないのですが、友人の話で小学校の時に華厳の滝にて集合写真を撮って学校から購入した際には、写真に顔のようなものがいくつも写っていたという話を聞きました。

そのようなことをいう友人には実際その写真を見せてもらいましたが、本当に華厳の滝周辺の岩肌の形では理解できない人の顔と言えるものが写っていました。

今回、このような経験をしているのは私達だけではないのではと思い投稿した次第です。

華厳の滝MAP

関連動画▼

さいごに

ユーザー様からの記事をご紹介しております。
心霊スポットへの立ち入りは自己責任でお願いします。

私有地や立ち入りを禁止している場所もあります。立ち入りの際は許可を取る必要が有ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です